1日1食ダイエットブログ 効果を検証

1日1食ダイエットの効果を検証します。40代になってからバカ食いはしなくなりましたが体重が減らない。1日1食にしてみてどれぐらい効果があるのか、また健康への影響は?

これおすすめです!!毎晩食宅便+コンビにで好きなものを買って食べてます。
糖質を無理なく制限! 管理栄養士監修「食宅便 低糖質セレクト」

DNA SLIM ダイエット遺伝子分析キットによって分かる遺伝体質

DNA SLIM ダイエット遺伝子分析キットによって分かる遺伝体質

ダイエットに効果的な遺伝子検査

DNA SLIM ダイエット遺伝子分析キットで、自分が痩せられない本当の理由が分かったという感想が多く寄せられています。頑張ってダイエットしても全然痩せられない人は、DNA SLIM ダイエット遺伝子分析キットを使うことがオススメです。それは、痩せられない原因として、生まれ持っての肥満遺伝子の影響が分かってきたからです。遺伝子検査というと、大学病院などでの大掛かりな検査を連想しますが、現在は手軽に行えるようになっています。検査方法は簡単で、検査キットを申込んで、送られてきた書類と共に、自分の爪を少し送り返すだけで済みます。同じものを同じ量だけ食べても、太りやすい人と太りにくい人がいます。また、どれだけ食べても全く太らず、特別な運動をしていなくても、スリムな体型を維持している人もいるわけです。それは、一人ひとりの遺伝体質によるもので、適切なカロリーや生活習慣が異なっているためです。ダイエット遺伝子検査では、日本人の体型に関係する5種類の遺伝子型を調べます。各遺伝子型のタイプを知ることで、それぞれの人の体質にあった食生活や運動法が分かるわけです。検査の費用は数千円で済み、検査にかかる期間も10日〜2週間ほどなので、気軽に受けられると言えます。

日本人の3タイプの肥満要因

日本人には、3種類の肥満遺伝子があると言われており、身体の代謝作用に大きく関わっています。DNA SLIM ダイエット遺伝子分析キットでは、日本人多い3タイプの肥満要因のうち、どのタイプに相当しているのかが分かるわけです。人の遺伝子は約26000種類ありますが、その内に肥満遺伝子は、現在、約50種類があることが確認されています。肥満遺伝子の影響によって肥満になる割合としては3〜7割ほどです。それ故、肥満対策を立てる際には、DNA SLIM ダイエット遺伝子分析キットによって、生まれながらの体質について、遺伝的特性を知ることが重要になると言えます。そして、それに合った食生活やエクササイズを取り入れることがダイエットのポイントになるわけです。日本人に多い肥満タイプの一つが「りんご型」で、糖質の代謝が上手くゆかず、糖質で太りやすくなります。ダイエットの効果は直ぐでますが、リバウンドも早いのが特徴です。その次のタイプが「洋なし型」で、脂質の代謝が上手くゆかずに、脂質で太ってしまうタイプです。ダイエットの効果がなかなか現れにくいのが特徴です。そして、最後に挙げるのが「バナナ型」で、タンパク質が不足勝ちになり、筋肉が付きにくいのが特徴となります。太りにくい遺伝体質となりますが、一度太ってしまうと、痩せるのに時間がかかるタイプです。

 

 

世界初!爪でわかる「あなた」だけのダイエットプラン
テレビで話題DNA SLIM。簡単遺伝子チェックで、ムリとムダのないダイエット

DNA SLIMシリーズ。とても美味しいタイプ別のダイエットフード3タイプも好評です。